数字で見る寿楽園NUMBERS

半世紀以上の歴史、そして成長

社会福祉法人寿楽園は昭和27年創立し、半世紀以上の歴史とともに
高齢者総合福祉施設へと成長してまいりました。その活動は、本部がある佐賀のみならず、
福岡、大阪、札幌、川崎、そして横浜に事業所開設と、全国に拠点を広げております。

logo

仕事内容WORKS

logo介護職員

ご利用者の食事や入浴、排泄、移動等、生活全般をサポートします。またレクリエーションやクラブ活動、行事活動等の企画立案や実施をします。
そしてケアプランに基づき、ご利用者の日々の状態やケアの予定と実績をITで管理します。

logo生活相談員

ご利用者やご家族への介護や社会福祉等にかかわる様々な相談援助を行います。日々の生活に関する相談援助サポートだけではなく、施設の入退所手続き業務や居宅サービス(通所、短期入所など)の利用開始・中止に係る面談とその手続きのサポートも行います。

logo栄養士

ご利用者のそれぞれの症状に合わせて必要な栄養を考え、日々の献立を作成し栄養管理を行うほか、一人一人の状態に合わせた形状の食事を準備します。生活の中で最も大切な食事を楽しんでいただけるよう寿楽園では、有田焼の器で食事を提供しており、季節感や色映えを考え、食材やお皿等の選定など食事環境づくり全般の企画・業務を行います。

logo調理員

栄養士のたてた献立をもとに、厨房で調理し、ご利用者のお食事を準備します。生活の中で最も大切な食事を楽しんでいただけるように栄養士と連携し、季節感や色映えを考えた調理を行うなど食事環境づくり全般の業務を行います。

logo職業訓練員(就労継続支援事業)

障がい持った方の希望や適性に合わせて、介護補助、清掃、調理や事務などの技術を指導・援助するなど、職業上の技術を習得させる訓練・指導を行います。日々相談に応じながら就労までのプロセスのサポートを行います。

  • logoケアマネージャー(介護支援専門員)

    介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成や様々な介護サービスと高齢者を繋ぎ合わせる調整の役割を担います。また地域ケア会議の参加など、地域福祉の貢献のため、地域の様々な職種との連携を行います。

  • logoリハビリ職(作業療法士、理学療法士等)

    ご利用者の生活のリズムや身体状態に合わせて、リハビリテーションを行います。その方に沿った無理のないリハビリを計画し、ご利用者が前向きな気持ちでリハビリが行えるよう他職種と連携し工夫しています。

  • logo看護職員(看護師)

    ご利用者の健康状態や症状を把握し、医師および介護職員等と連携して、健康管理や治療を行います。また訪問看護ステーションでは、在宅で医療のサポートが必要な方にも看護業務を行います。一人一人にあった介護・看護サービスを提供するため、記録やカンファレンス参加も大切なお仕事です。

  • logo総務事務

    法人の経理や採用・人事に関する事務手続き等の業務を行います。社会福祉や介護保険制度のもと、それにかかわる法人の経営や現場の職員を支える「縁の下の力持ち」としての重要な役割を担います。

事業所数PLACES

事業所数

職員についてSTAFF

職員の数字

職員の数字

職員の年齢別構成

職員の年齢別構成

現場リーダー職について

現場リーダー職について

マネージャー職(管理職)について

マネージャー職(管理職)について
  • 過去3年新卒者 定着率

    過去3年新卒者 定着率
  • 産休・育休後

    産休・育休後

キャリアアップCAREER UP

  • 事業所数介護職から総務課長に男性

    22歳 入社 介護職員として勤務
    bottom_icon
    25歳 川崎事業所の立ち上げに参画
    bottom_icon
    26歳 新事業所で組織づくりに携わる
    bottom_icon
    29歳 係長へ昇格
    bottom_icon
    33歳 佐賀事業所に転勤
    地元で家庭と仕事の両立
    bottom_icon
    35歳 障がい者事業(就労継続支援事業所)の立ち上げ 総務課課長に昇格

    メッセージ
    人事や労務の仕事に自らチャレンジをして、キャリアアップをすることができました。「働きやすい職場」作りを模索する日々です。

  • 事業所数ママをしながらキャリアアップ女性

    22歳 入社 デイサービス・生活相談員として勤務
    bottom_icon
    25歳 係長昇格、数名のチームをまとめ、 新人の育成を行う
    bottom_icon
    27歳 ケアハウス係長・生活相談員に配属、在宅から施設に住まう方への生活相談員にもチャレンジ
    bottom_icon
    28歳 結婚、産休と育休を取得
    bottom_icon
    29歳 託児所を利用しながらケアハウスの係長に復帰

    メッセージ
    子どもや家庭との時間を大切にしながら、仕事では後輩の育成や自己のスキルアップを目指しています。

  • 事業所数未経験から管理職に男性

    22歳 大学卒業後、弁護士を目指しながらアルバイトに勤しむ日々。ある時、「人と触れ合う仕事がいいな」と介護業界に興味を持つ。
    bottom_icon
    27歳 入社 介護職員としてケアハウスに所属
    bottom_icon
    30歳 介護福祉士合格 係長昇格
    bottom_icon
    31歳 チームの育成、新人育成
    bottom_icon
    33歳 ケアマネージャーの資格 取得
    在宅サービス課 課長に就任

    メッセージ
    未経験ながらも研修やOJTで知識を深めて、キャリアアップをすることができました。今は資格を取得したり、現場の経験を生かしながら新たな在宅サービスの分野で管理職として複数の部署をまとめています。